しばしばオフトン

内科医、栄養専門医。平和な日常。

よっしゃーそれいけモルディブ旅行 第8話 スパイシーミートピザ

これまでのお話

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「俺は…起きる!誰よりも早く…このモルディブで誰よりも早く起きるんだ…!そう、その日の出をこの目に焼き付けるために…!!」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「イコプ…あんたって人は…!」

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「(海よりも深き眠り)」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「朝ごはんそろそろ行かない?レストラン閉まっちゃうよ」

 

 

 

f:id:ikopu:20190523163824j:plain

さてモルディブ旅行も中盤を迎えました。

本日の予定は少なめにしていて、のんびりしたり、マリンスポーツを楽しんでみたりしようと思っています(折れた腕で)

 

朝ごはんを食う

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「さあ今日も朝ごはんだよ」

 

 

f:id:ikopu:20190523164004j:plain

朝ごはんはいつも同じレストランなのですが、数日くらいの旅行じゃ食べきれない量のメニューがあります。

 

f:id:ikopu:20190523164040j:plain

チーズだけでこの種類!

もうどのチーズがどういうチーズなのかさっぱりわかりませんが、とにかく嬉しくなるやつです。

 

f:id:ikopu:20190523164241j:plain

日差しの側で食べる朝ごはんです。むしろ大量のチーズを食べます。

 

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「腹がはちきれそう」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「よかったねえ」

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「でもチーズに偏りすぎた」

 

 

紹介!モルディブの海とか木

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「さて、腹もいっぱいなので、ちょっと景色をみつつ散歩でもしながら帰りましょうか」

 

f:id:ikopu:20190523164226j:plain

モルディブの海は天気がいいとめっちゃ緑。

エメラルドグリーンと言いますが、確かに青より緑に近い色に見えました。

 

 

f:id:ikopu:20190523165147p:plain

そしてそのあたりに生えている木がもう、生命力がすごい。

根っこの勢いがもう、生きてやるぜ!!!っていう感じ。

 

 

f:id:ikopu:20190523165302p:plain

葉っぱもうちの観葉植物の4倍くらいのでかさ。

ところで私の手が痛々しい・・・。

 

部屋に帰る

f:id:ikopu:20190523212749j:plain

さて、部屋に帰りました。

ハウスキーパーの方もだいぶん慣れてきたみたいで、最初はその辺に打ち捨てられていた、このぬいぐるみのポジションも良くなってきました。得意げにベッドに居座っておられる。

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「さて、昼までゴロゴロするとして・・・昼ご飯はどうする?」

 f:id:ikopu:20190331114310j:plain「あっオススメのピザ食べに行ってみない?!」

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「おお!いいねえ!」

 

スパイシーミートピザを食べにいく

この旅行に来る前に、友達に「ミライドゥで絶対食べるものリスト」をもらっていました。そのリストの堂々第一位にランクインされていたもの、それは・・・

 

f:id:ikopu:20190523213118p:plain

 

コンパス・バーというところの、スパイシーミートピザ

ランチに2人で1枚で十分とのことで、まさにランチに行く私たちにとってベストなチョイス、これは逃す手はありません。

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「これは楽しみだねえ」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「さっそく行ってみましょう!」

 

f:id:ikopu:20190523213421p:plain

コンパス・バーは海の見える綺麗なバー。

さっそくアルコールを注文します。そして。

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「スパイシー・ミート・ピザ、プリーズ!!」

f:id:ikopu:20190423174546p:plain「オーケー!」

 

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「ワクワク」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「私もう腹ペコだよ」

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「俺が寝てる間めっちゃ泳いでたからね・・・」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「魚と一緒に泳ぎ回ったよ」

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「部屋の中から暖かい目で見つめていたよ・・・おっ!きたよ!」

 

f:id:ikopu:20190423174546p:plain「オマタセシマシタ」

 

 

f:id:ikopu:20190523215114g:plain

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「おおおー・・・・!」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「おおっ・・・」

 

 

f:id:ikopu:20190523215253p:plain

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「(これが・・・スパイシーミートピザ?)」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「(そう・・・なんじゃない?)」

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「(想像とだいぶん違うかも)」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「(うん・・・なんか思ったより小さいね)」

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「(まあ、食べてみたらきっとスパイシー何だよね)」

 

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plainもぐもぐ・・・

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「(美味い・・・けど、甘い・・・よ?)」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「(ミートはどこ?)」

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「(このマヨネーズみたいなのに練り込まれてるんじゃない?)」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「(うーん・・・そんな味しないような・・・)」

 

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plainもぐもぐ・・・

f:id:ikopu:20190331114310j:plainもぐもぐ・・・

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「(なんかもう一品頼む?)」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「(私も思ってた、足りないかもって・・・)」

 

f:id:ikopu:20190423174546p:plain「オマタセシマシタ」

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plainf:id:ikopu:20190331114310j:plain「!!!」

 

 

f:id:ikopu:20190523220804g:plain

 

 

f:id:ikopu:20190523220823p:plain

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plainf:id:ikopu:20190331114310j:plain「「でかいの来たーー!!」」

 

f:id:ikopu:20190331114308j:plain「さっきのは前菜のパンだった・・・んだね!」

f:id:ikopu:20190331114310j:plain「めちゃくちゃボリューミー!食べてみるよ!!」

f:id:ikopu:20190331114308j:plainもぐもぐ・・・

f:id:ikopu:20190331114310j:plainもぐもぐ・・・

 

 

 f:id:ikopu:20190331114308j:plainf:id:ikopu:20190331114310j:plain「「うまっ!」」

 

f:id:ikopu:20190523221641g:plain

とろけるチーズとスパイスが絶妙に混ざり合って肉のジューシーな味わいが爆発する!ビールが進む進むってやつでした!!

腹一杯になりました。


 

 

ピザ食べた おまけ四コマ

 

 

f:id:ikopu:20190523163100j:plain

 

なんか隣ですごい音がしはじめたなあと思いました。

砂ピザ・・・。

 

 

 

次回に続く!